ふるさと納税をヅカオタ的に解説してみる

スポンサーリンク

何かと話題のふるさと納税。

イマイチ解らない。

なぜ得なの?

という疑問にお答えします。

解りやすく、ヅカオタ的に解説しますね。

(解りにくい?)

まず、所得税はサラリーマンだと給料から天引きされて、

毎月支払ってますね。

その支払額は、予測に基づいた金額なので、年末調整するんです。

で、ふるさと納税ですけど、

自分が寄付したい市町村に「寄付」という形で納税するんです。

そうするとお礼の品物が送られてくるんですよね。

ヅカオタ的には、宝塚市に3万円寄付するとお礼で貰える、

宝塚作品のブルーレイディスクを頂きます。

ブルーレイディスクは、定価だと10800円します。

30000円寄付すると、年末調整で28000円戻って来ます。

2000円でブルーレイディスクが買えた。

=ブルーレイディスクを買ったら、8800円得した。

という状態になるんですよ。

ちなみに、8800円というのは、東京宝塚劇場のS席代金ですから、

宝塚市にふるさと納税すると、

ブルーレイディスク1枚の代金で、

S席1枚のオマケがついてきた。

という素敵な勘違いが出来るのです。

素敵な勘違いというのは、

元々は、自分が支払ってる所得税が、

ふるさと納税したことにより、

税金が控除されて戻って来ただけ、

だからです。

では、自分が支払ってる所得税分すべてをふるさと納税にして、

お礼の品物を沢山貰ったら良いのでは?

って考えませんか?

それは危険です。

なぜならば、ふるさと納税には年間上限額があるからです。

総務省のHPのコチラをチェックしてください。

↓クリック↓

ふるさと納税 年間上限額

上限額を知って、上手にふるさと納税を利用したいですね。

どどさんは、2枚は確実にブルーレイ貰えそう(笑)

とりあえず、これから貰うかな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。