どぶ川にかかる橋 ~ 1杯目ジントニック

スポンサーリンク

先日、サマンサさんが

「プロポーズはどこでされたか覚えてる?」

っていう投稿をしてたので、

「運河の橋の上で!」

って返事したら、

なかなか盛りあがったのよね。

まあ、確かに、変な場所でしょうけど。

実は、これにはものすごいドラマがあったのよ。

ダーリンとの出会いからプロポーズまでを小説風に書いてみるから。(笑)

暇な人は、読んでみて!

ダーリンの名前を「マナト」に変えて

書いてみるので、

当時の盛り上がりを思い出しつつ、

ドラマティックに書けると思う(爆)

マナトのイメージ画像

(朝夏まなと様じゃねーか!)

**************************

大阪の道頓堀は、一年中多くの人が行き来する、

ミナミの中心地。

グリコの看板=大阪というイメージも、

全国的に広まっている。

その、グリコの看板からほど近いバーを訪れたのは、

5月の半ば頃だった。

店は週末という事で、テーブル席もカウンターもほぼ満席。

なんとか、二席空いたところに座らせて貰った。

ツヨシに連れられて道頓堀の店に行ったのには、理由があった。

どどの家の近くのバーで働いてたツヨシだったのだが、

5月の初めに、お店のオーナーに解雇されてしまったのだ。

理由は、オーナーさんの親戚が入るから。

飲食なんて、そんなもんだ。

個人商店の小さい店は、

オーナーの気持ちひとつで変わってしまうものだ。

そんな訳で、ツヨシも辞めちゃうし、

どどは、一人で飲みに行ける店を紹介して貰うことにしたのだった。

いくらどどでも、女一人でバーに行くのは、

少し抵抗があり、ツヨシの知り合いの店なら、

気兼ねなくいけると考えたからだ。

女一人で行くことに抵抗を感じているのは、

人の目を気にしているわけではなく、

お店の人が、気を使って話しかけてくるのが、

申し訳ないなという気持ちから。

気に入った店には、通いたいタイプなのだが、

店員さんに気を使わせてるという事が、

プレッシャーに感じるタイプのどどは、

足しげく通いすぎるのは悪いからと、

ツヨシの店も週に2回位と決めて通っていた。

独身の若い女ならともかく、

既婚者の女で、しかも別に美人でもない。

そんな女に、やたら通い詰められても、

店の雰囲気が悪くなるとも思っていた。

とはいえ、バーに一人で来るような客など、

店の雰囲気などお構いなしなんだと、

気が付いたのは、それから程なくしての事ではあったが。

ツヨシが「師匠」と呼ぶマスターが居る店は、

御堂筋から路地を何本か曲がり、

道頓堀にかかる小さな橋を渡ったところの、

あるビルの4階にあった。

表の喧騒とは一線を画し、

ゆったりとした空気の流れるバーだった。

長いバーカウンターの後ろには、

お酒がずらりと並ぶ棚があり、

酒瓶を眺めながら、おいしいお酒を楽しめるという、

お酒好きにはたまらない、

ちょっと薄暗い空間は、

なんだか落ち着く店だった。

バーカウンターの中から、

ツヨシに「久しぶり!」

と、声をかけてきたバーテンダー。

その人こそ、ツヨシの師匠であり、

後のダーリンであるマナトさん。

マナトさんはイケメンだった。

ちょい悪な男が大好きなどどなので、

(こんな男とエッチしたい!)

と、本能が語りかけたのだった。

ええ、一目惚れ。

人生初の一目惚れ。

昔、松田聖子が「ビビッときました」とか言ってて、

さすが芸能人、日常生活まで非日常だ!

って思ったどどさんだが、

まさか、そのビビっとくる感じが、

自分にも来るなんて。

思いもよらない出来事は、いつも突然やってくる。

問題はどどが既婚という事である。

(もう、不倫を前提に付き合ってもらえないだろうか?)

そんな妄想が走り始めたどどに、

マナトさんが、

「ご注文は?」

と、聞いてきた。

そう、どどは店に入って椅子に座っただけ。

まだ何も始まってない。

でも、一目惚れ。

我ながら沸いている。

「ジントニックお願いします。」

ツヨシから紹介されたので、

「今度一人で来てもいいですか?」

と、聞くとマナトさんは、

「喜んで!」

と、答えたけど、ただの営業トークなのは、

すぐに解った。

でも、いいのだ。

本能が語りかけてきたので、

隙あらば、そんな将来もあるかも知れない。

ぼんやりとそんな事を考えつつ、

ジントニックを飲んだ。

ジントニックは、美味しかったけど、

バーにあまり通ったことがないので、

これくらいは普通なのかな?

と、思ったのは、

ツヨシの作るジントニックも、

まあまあ美味しかったからだ。

思い起こせば、ツヨシにジントニックの作り方を教えたのは、

マナトさんなので、

当然の事だったのかも知れないが、

その時は、マナトさんのインパクトが大きくて、

他の情報は処理できずにいたのだ。

カウンターの中のマナトさんが、

ツヨシのところに来て、

「ウチの来てるから」

と、手で合図した方向を見ると、

マナトさんの嫁が、こちらを見て微笑んでいた。

正直、これだけのイケメンが、

なんで、こんな冴えない女と結婚しているのか、

本当に謎だなと思ったが、

きっと、性格の良い女性なんだと、

思う事にした。

思う事にしたのは、

明らかに性格が良さそうでもなく、

かといって頭が良さそうでもないわけで、

思い込まない限り、

自然にそう思うことが出来そうもないからだった。

イケメンの旦那様の職場に来るのに、

全く気を使ってない服装でカウンターで一人で飲んでる女。

そう、当時、自分が最もやりたくない事を、

している女がそこにいたのだ。

しかも、一見、自分よりも見劣りする女。

これが、イケメンのマナトさんの嫁なのか。

完全にジェラシーの対象になった、

マナトさんの嫁。

そんな気持ちになってしまったのは、

どどの結婚生活が、

世界で一番くだらなくて、

世界で一番不幸だと思ってたからだ。

旦那は、面倒なだけで、

どどに何のメリットの無い男になっていた。

もはや、高学歴とか、高収入とか。

ただの飾りにか見えなかった。

その豪華な飾りを見て、

中身も豪華だと勘違いしたのだ。

どどの夢を叶えてくれないばかりか、

どどの気持ちを受け止めてもくれない、

もはや、どどは、生きてる様に見えて、

死んでいた。

いや、死んでいるとは言い過ぎかもしれない、

しかし、つまらない軟禁生活を強いられていたのは、

紛れもない事実。

ほんの少しの楽しみと言ったら、

1人で酒を飲みに行く位だった。

それも、ゴルフに出かけて帰って来ない旦那への、

あてつけだったかも知れないけど。

とにかく、気分が晴れる事は無かったのだ。

きっと、マナトさんの嫁は幸せなんだな。

こんなに気を使わなくても、

マナトさんに愛されて幸せだろうな。

羨ましい。

たとえ、マナトさんが実は悪い人間だったとしても、

私の結婚生活よりは、絶対に幸せなはずだ。

人は、自分が不幸だと感じているときは、

他人の不幸は見えないものだ。

他人の不幸が見えないのは、

自分の作った闇の中を這いずり回っているからで、

見上げることもしなければ、

そこから出ようともしないからなのだ。

別の世界があると言うのなら、

本能の声に従うしかない。

「こんな男とエッチしてみたい」

直感ではなく、本能の声だと思ったのは、

闇から抜け出すヒントだったのかもしれない。

どどさんの人生の歯車は、この日から動き出した。

道頓堀にかかる小さな橋を渡り、

マナトさんに会いに行く日が始まった。

**************************

ジントニックはアルコール度数約13度

ダーリンのつくるものは、15度位。

85%の真実に、15%の嘘を混ぜて書いてます。

余談ですが、どどさんは、

「ジントニック」という英語だけで、

ラスベガスを旅行した事のある女です。

カジノで飲み物は?って聞かれるので、

「ジントニック」って答えてました。

なぜだか、「ジントニック」だけは発音良いです。

そして、必ずあるのが「ジントニック」。

これだけ覚えたら困らないよ。

使える英会話、ワンポイントレッスンでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする