流れのゆくえ ~ 2番目の橋

スポンサーリンク
スポンサーリンク

好評だったダーリンとのなれそめ小説。

ダーリンとの出会いからプロポーズまでのまとめ

第2話はプロポーズをされてから、

離婚するまでの話です。

前回までのお話し

第2話 流れのゆくえ ~ 1番目の橋
第2話 流れのゆくえ ~ 1番目の橋
好評だったダーリンとのなれそめ、小説風アレンジ。 自分で言うのもなんだけど、 結構、ドラマティックに生きてたのねえ。 渦中...

******************************

千葉に向かう電車の中で、

マナトさんにメールを送ろうか、悩んでいた。

なんて送ったら良いのか。

とにかく、離婚したい!と手紙に書いてから、

旦那に会うのが初めてだったので、

不安でいっぱいだった。

早い時間から旦那に会うのは気が重く、

千葉に住んでる友人と、

駅前で待ち合わせして、

ちょっと飲む事にしていた。

友人は、年上のコウイチ。

酒飲み仲間で、独身貴族。

大企業で、グループリーダーをやってるコウイチは、

旦那とも立場が似て居て、

何かと相談相手にちょうど良かった。

しかし、旦那とは全く違う生き方をしている男。

結局マナトさんにはメールを送れずに、

駅に到着してしまった。

駅の改札を出ると、

コウイチがニコニコ手を振っていた。

「何ニヤニヤしてんだよ!

こっちはそんな気分じゃないんだよ!」

「お前、相変わらずだな!(笑)」

と、悪態をついたが、二人とも顔は笑っていた。

早速コウイチお勧めの居酒屋へ行き、

酒を飲み始めた。

「急に連絡来たから何かと思ったけど」

「急に連絡しても、お前暇なんだな!」

そんな事が言い合える、気楽な関係のコウイチは、

どどにとっては、一番一緒に居て楽ちんな存在だった。

「実はさ、離婚しようと思ってるんだ」

いつもふざけてばっかりのコウイチの顔から、

表情が無くなった。

あ、また言われるのかな?

良く考えた方が良いって・・・

一瞬構えたけど、もう慣れた。

聞きたい返事が返って来ないなら、

言わなければ良いのに。

心にポッカリ空いた穴ぼこの理由を探したくて、

同じ会話を続ける自分に、

呆れていた。

「ふーん、そうなんだ。

じゃあ、東京に帰って来たら?」

え?東京に帰る??

コウイチはやっぱり友達だ!と思った。

以前飲んだ時に、

結婚生活に疲れて、

もう、東京戻ろうかな?

と、チラッと言った事を、

覚えてくれてたんだな。

心の穴ぼこに、風が吹いた。

「それが、今東京に帰る訳にはいかないんだよ。」

マナトさんの事もあるけど、

どどの仕事は、佳境を迎えていた。

今、抜けるわけには行かない、

大きな仕事に取り組んでいる最中だったのだ。

「お前さ、仕事なんか一人位居なくなっても、

まわって行くもんだぜ!」

大企業でグループリーダーをやってるコウイチの言葉には、

コウイチの歩んできた道のりを感じる。

コウイチに、今までの事、マナトさんの事も話した。

そして今から、旦那に手紙の返事を聞くことも。

「そりゃ、心中穏やかじゃないな。

でも、なんでそんなに焦ってるの?

ただ、話聞くだけじゃん?」

そう、どどは焦ってた。

旦那が素直に離婚に応じてくれるのか。

旦那が突然豹変して、怒り狂ったらどうしよう。

人は追い詰められると予測できない行動に出るから。

なんせ「離婚の壁」を5年も眺めて来たどどなのだ。

旦那がどう思ってるのかすら、

考えようともして来なかったツケが、

一気に来てしまった。

この時点で、予測不可能な事態になっていた。

なので、焦っていたのだ。

焦った状態で飲む酒は、

正直、味が解らない。

次第に無口になって行く私にコウイチが、

「そんなに気になるなら、一緒に行ってあげようか?」

そんな風に、コウイチが心配してくれちゃうくらい、

どどは虚ろだった。

でも、今コウイチが出て行ったら、

色んな事が混乱しそうだし、

1人で頑張るしかないのだ。

これは、どどの問題なのだ。

「んじゃ、また飲もう!次に会う時は独身だと良いけど!」

「ほんじゃ、頑張って!!」

コウイチに送り出されて、

旦那の住むマンションに向かった。

一人暮らし用には少し広いマンションは、

単身赴任の引越しの際に、

一度だけ行った部屋だ。

久しぶりに会った旦那は、

いつも通りで、普通に、

「いらっしゃい」

とか言っていた。

何も無かった事にするつもりだ。

直感的に感じたどどは、

到着するなり、手紙の話を始めた。

「手紙読んだよね?

どう思ったの?」

「いや、特に・・・」

「特にって?別れてくれるよね??」

「それは、これから良く考えて・・・」

「良く考えても、離婚するからね。」

「だから、これから良く考えるから・・・」

「考えてよ!早く!!」

変な話だが、これが限界だった。

これ以上話せない。

並べて敷いてあった布団を、

一枚別の部屋に持って行き、

寝る事にした。

布団の中から、マナトさんにメールした。

(手紙は読んでくれてたみたいだけど、

良く考えるとか言ってる。

離婚はまだまだ先の話になりそうだけど)

もう、遅い時間だし、入院患者の夜は早い。

マナトさんからは返事が来ないだろうなと思ったけど、

程なくして、返事が着た。

(お疲れ様。上手く行くと良いね)

言葉が少ないのは、

色んな想いが交差していて、

的確な言葉が浮かばない時ぎ。

そんな、行間を感じつつ、

気持ちの拠り所がある事が、

どれほど有難い事なのか、

噛み締めていた。

そうだね。

上手く行くと良いね。

どどは、返事は送らず、

そのまま寝た。

正確には、布団に横たわってただけだ。

別れると決めた男は、

見知らぬ男とほぼ同じなんだと思った。

長年EDで性生活の無い夫婦だけど、

ここへきて、突然襲われたら、

絶対に嫌だ。

「見知らぬ男」と、一つ屋根の下に寝るのは、

何とも言えない恐怖心が湧きあがるものなんだと思った。

今なら、コウイチと一緒のベットで寝る方が、

よっぽどマシだ。

むしろ、コウイチなら一回くらいヤっても良いか?

位な気持ちになってきた。

マナトさんといつかエッチする時って来るんだろうか?

そんな事をボンヤリ考えたりもした。

それにつけても、もう後戻りはできない。

旦那がこんなに生理的に受け付けない男になっていたとは、

どども驚いた。

次の日、朝起きると、

実家に寄ってそのまま、大阪に帰る事にした。

手紙の返事を下さい。

とだけ旦那に言って別れた。

どどは、どぶ川からどんどん流されて、

今まで観た事も無い景色を見始めていた。

川幅は広くなり、

水深も深い。

この先の景色はどんなものなのか、

またどぶ川に戻るのか?

それとも海に出るのか・・・

全然見当もつかないけど、

とにかく、どんどん流されて行ってる事は事実だし、

それで良いと思った。

元には戻れない。戻らない。

川の流れは一方通行なのだから。

あと何回話せば解ってくれるのかな?

とりあえず、離婚届を貰いに区役所へ行く事にしよう。

別れると決めたら、別れる。

必ず。

何かをやり遂げる力は、

いつだって、自分の中にしか無い。

*************************

一度嫌いになった男は、

二度とダメだと思った。

朝夏まなと様は、一度も嫌いになった事ないんだけどなあ。

こんなぺっちゃんこの靴履いてても、

足長いよねえ。

そして、朝夏様はどどに、

夢と希望を、常に与えてくれる人。

リアルメンズ(マナトさん=ダーリン)に

疲れた時は、朝夏様よ!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする