「天は赤い河のほとり」新人公演を観ないと意味が解らないままだった

スポンサーリンク
スポンサーリンク

危ないところだった。

宙組新人公演「天は赤い河のほとり」を観て来たよん。

こちらのチケット、

ヅカオタネットワークで雪組全国ツアー公演と、

交換してもらったチケットだったのだ。

という訳で、その方と雪組全ツも宙組新公も一緒に観劇。

ヅカオタトークが非常に楽しかったわ。

で、宙組の感想ね。

新人公演の方が号泣したんですけど!!

鷹翔さん、初主演とは思えない素晴らしさだったわ。

そして、ユーリ役のみねりちゃん。

素晴らしかった。

みねりちゃんの明瞭なセリフと、

作り過ぎない自然なキャラが、

漫画のユーリに近い感じで、とても良いと思ったし、

なんせ、何言ってるか解るって凄い事なのよ(笑)

本公演のユーリは、星風まどかさんですけど、

可愛いんだけど、あの子はいつもセリフの音を落とすから。

前回の「神々の土地」なんか、

「麗しのイレーネ」というキーワードを、

「う&%のイレーネ!」って感じで言ってて、

ここが劇団四季だったら、

明日からキャストチェンジだなって思ったものです(爆)

そんな訳で、

まどかさんはショーで眺めたいタイプの娘役なので、

芝居は別の人と組んでほしいと思ってますよ。

今回、ようやくこの物語の主題に気が付くことが出来ました。

ユーリの「私の天(そら)は、赤い河のほとりなの!私は帰らないわ!あなたのそばにずっと居る!」

ってセリフね。

ほら、まどかさん、若干何言ってるか解らなかったから。

あんまり感動出来なかったっていうか、

(え?今なんて???)って

ハテナマークが頭の中をぐるぐる回ってしまって。

しかも、真風さんって、割とクールな芝居じゃん?

もっと熱い芝居展開してくれたら、

まどかさんの意味不明なセリフも、

補填出来たかも知れないじゃん?(笑)

新公はその点、激熱な訳よ。

そりゃ感涙な訳で・・・・

もう、ユーリはみねりちゃんがやれば良いんじゃない?

位の気持ちになりましたが、

別にまどかちゃんでも良いんです。

だって、私は、キキちゃんしか観てないだろうから(笑)

ほら、カッコいい!!キキちゃん!

というまさかの展開も入れてみる。

まあ、結局わたしは新公見ないと、

物語がサッパリ解らない女なんだな!

という毎度の確認をした訳です。

みんな上手かったわ。

特に良いと思ったのが、

ナキア様とウルヒの感じ。

そして、ネフェルティティ様の孤独。

その辺の伏線的なお話しを色濃く演じてくれてて、

作品が華やかになってるわよね。

ほら、本公演はどうも、

わーーせいこさん出てきた!

マギーちゃん真っ白や!!

あっきーすげえ!!

的な感じで、役としてよりも、

ジェンヌ萌えが激しくて、

お芝居見ているというよりは、

ジェンヌに興奮してる感じなのよね。

本当に、ダメだと解ってるわ。(笑)

本公演ですっかりハマったキキちゃんの役は、

きよがやってたけど、きよもすんごいキラキラしてて、

とっても良かったわ。

キキちゃん早く観たいなって位には、

キキちゃんへの愛が高まってますが。

オカシイな。

キキちゃんとか全然興味無かったのにねえ。

恋は突然やって来るんだわ(笑)

このシーンとか、何回でも見て居たいわ。

でもね、真風さんも安定感抜群のカッコよさでして、

今回は、ちょっと若返ってる感じの役で、

今までとはまた違って、キュンキュン来るよねえ(笑)

新公見て、ようやく物語が解って来たので、

漫画を全巻読みたくなってます。

大人買いしたい(笑)


でもまあ、朝夏様には、誰も勝てないですよねえ。

ああ、なんて美人なんだろう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする