保育園に落ちなかった!日本ありがとう!

どど日記

2月は、お子さんの保育園の入園の合否で、

ヤキモキしてたママ達が沢山いたのではないか?

と、思います。

 

そんなどどさんも、娘の保育園問題では、

結構ハラハラしたんですよ。

 

そんなどどさんの保育園入園までのお話を、

今日はお知らせして行きたいと思います。

 

どどさんが、娘を出産した時は、

出来ちゃった再婚だったものですから、

新婚中だったんですけどね、

 

現在も働いている会社で、

正社員で働いてました。

 

産休を取って、休んだのですが、

ちょっと会社も忙しすぎて、

そのまま育児休暇を取るところまでは、

なかなか言い出せない雰囲気だったんですよね。

 

なので、どどさんは、生まれて3か月の娘を、

無認可の保育園に預けて、

すぐに会社に復帰したんですよ。

 

無認可の保育園は、マンションの一室でやってて、

アットホームな雰囲気でした。

育児の相談にも乗って貰えて、

感じの良い所だったんですけど、

4月からは絶対に認可の保育園に行きたかったんです。

なぜならば保育料が安いから。

 

そんな訳で、申込みが始まった10月位から、

区役所に足を運んで状況を聞いてました。

 

0歳児の受け入れ人数は、

物凄く少なくて、ほぼ絶望的に思えたんです。

でも、とりあえず申し込まない事には始まらない。

 

どどさん、実はデキ再婚して、

家を探した時に、保育園の近くを選んだんです。

そこの保育園に入れるかどうかも解らない状況でしたが、

完全に狙ってました。

 

申込書には、絶対に預かって貰わないと困るという事を、

沢山書きましたよ。

 

給料が少なくて、生活が大変なので、

早く仕事に復帰しなければならない事。

 

同居のクソババア(姑)は高齢で持病もある為、

育児が出来ない事。

 

ダーリンが夜の仕事で、育児出来ない事。

 

そんな事を沢山書きました。

 

保育園の入園には、面接があって、

子供を連れて、面接に行きました。

 

その時も、提出書類を眺めながら、

保育士さんと面接するんですが、

前出の、クソババアとダーリンが全くアテにならないのに、

お金も無くて、すぐに働きに行かなければいけない事を、

延々話したんですよね。

 

話しているうちに、どどさんって、

なんて不幸なんだろうって思い始めました。

 

普通のご家庭(って何か解らないけど)は、

旦那様がお勤めで、稼ぎもあり、

安心して子育て出来るのではないのかな?

旦那様がそんなに稼ぎも無い場合は、

親がちょっと出してくれるのでは無いのかな?

 

うちのクソババア(姑)は、本当にお金が無くて、

年金で細々と生活してるんですよ。

そのため、何かお金を出してくれるとか、

そんな事は期待できません。

 

そして、ダーリンはその頃、

自分で店をしていて、全く儲かっていないばかりか、

赤字でした。

 

なので、本当に働くしか無くて、

傍から見ると、結構大変だったんだろうと思います。

 

そんなどどさんでしたが、

娘を抱っこして、自転車乗って出かけたりするのが、

夢だったので、

全く不幸とは思わず、むしろ世界一の幸せ者だと思ってたんですよね。

 

しかし、保育園の面接で、そんな自分を俯瞰してみると、

結構ドン引きな感じの不幸っぷりでしたね。

 

何となく、この不幸は利用できるかも知れない。

そんな意味不明な前向きさを持てて、

良かったなと思います。

 

今でも忘れませんが、

面接官の保育士さんが、

「最後に質問があります。

もしも、保育園に入れなかったらどうしますか?」

 

どどさんは即答したの。

「来週から行く無認可保育所にそのまま預けるか、

もう少し条件の良い無認可保育所を探します。」

 

「一番困ってる事は?」

 

「とにかく、生活費を稼がない事には、安心して暮らせません。なので、安心して預けられる保育園があれば助かります。」

 

この、どどさんの断崖絶壁感たるや!

 

あの頃、本当に貧乏で、毎週日曜日はダーリンと、

自転車で近所のスーパーに買い物に行き、

そこにあるパン屋さんの横でコーヒー飲むのが楽しかった。

 

子供も小さいし、風邪でも引かれたら会社休めないから、

とても困る。

そんな訳で日曜日は子供を家から出さず、

少しの時間だけ、ダーリンと買い物に行く事だけが楽しかった。

その頃の私は、ユニクロはちょっと高価で、

古着屋で500円のTシャツとか買って着てたんですよ(笑)

そんなでした(笑)←とりあえず笑っとく

 

そんな貧乏人には、神様が助けを出してくれるのだろうか?

激戦の0歳児入園を獲得したのだ。

 

入ってみると、同級生のママは、シングルマザーとか、

旦那が無職とか。そんな人ばっかりだった。

ああ、もしかして、私まだマシかも。

そんな錯覚に陥りそうな面子だった。

 

しかし、やはり気が付いてしまった。

どどさん、ほんと、経済的にヤバい人なんだな。と。

 

そこから、少しずつ、色々と良くなって、

現在に至る。

 

最近「保育園落ちた。日本死ね!」っていうのが、

流行ってたので、

いや、そうでもないよ。

マジでヤバい人には助けが来たからって事を、

お伝えしたくてね。

 

本当に助かりました。

そしてもっと助かったのが、

産休で休んでいたため、前年度の給料がとても少なくて、

0歳児なのに、ひと月2万円以下の保育料で預かってくれた事。

日割りしても、千円以下ですよ。

そんな保育料で、よその子供のお世話とか、

絶対に無理だなと思ったものです。

 

結構日本も捨てたもんじゃ無いんですよ。

 

************************************

第二回 副収入会議 募集中です

残席2 です。

申込みはお急ぎください。

 

 

第二回 副収入会議

日時:3/17(土曜日)13時から14時半

場所:大阪駅付近(詳細は参加者にお知らせします)

参加費:4,000円

申込みはコチラより

コメント