スポンサーリンク

セックスレスで悩む女性達へ

先日、セックスレスで悩んで、

ダーリンに打ち明けた話をフェイスブックにUPしたところ、

まあまあ盛り上がりましたね(笑)

まあまあってところがミソです。

だって、どどさん最近、どうでも良いつぶやきに、

イイネ70とか付くんだよ?

みんな投稿見てると思うのよね、

でも、なんとなくイイネも押さず、

コメントも特にせずに、

ただブログのリンク開いた人、

結構いたと思うのよね。

セックスレスな夫婦の話って、

それくらい、秘密なんだと思ったわ。

どどさんも、よく書いたよ!

って感じだよ。

でも、なんで書いたかというとね、

どどさん前回の結婚で、

セックスレスで割と病んでたから、

そんな人が多いんじゃないかと思って、

過去の自分に向けて書いてみたのね。

最近、ちょっと忘れてたのは、

幸せボケだったのかもしれないわね。

なんせ、ダーリンも元気で、

毎日楽しいから。

そんなわけで、

過去の自分が読んだら、

ものすごく救われるだろうなシリーズは、

定期的に書いていこうと思います。

あの頃の私は、毎日泣いていたのよね。

本人気がついてなかったけど、

あれ、マジでうつ病とかだったと思うよ。

どどさん、元旦那の事を信じてたんだけどさ、

元旦那は、ただの馬鹿野郎だったから、

新しいお母さんみたいな感じで、

どどさんに甘えてたんだと思う。

だらだら、毎日楽しく過ごしていれば良いって思ってたみたい。

どどさん、ものすごく子供が欲しくてね、

なのに、セックスレスなわけよ。

結婚してから多分3回くらいしかしてないよ?

元旦那と(笑)

子供なんか出来るわけないじゃん!

今思うと、それで良かったんだなって思うけどね。

とにかく、一人で悩んでて、

毎日シクシク泣いてたのね。

いつしか、なんで泣いているのかも解らなくなってて、

とにかく、朝元旦那が会社に出かけた後と、

仕事から帰ってくる電車の中とか、

夜、元旦那が出張で帰って来ない時とか、

飲み会で出かけてていない時とか、

意味もなく、泣いてたのね。

別に酒も飲んでなかったよ。

とにかく、一人の時は泣いてたのよ。

これね、ほんと異常な事だったんだよね。

だって、今、ほとんど泣かないもん。

ヅカ見ている時とかは、感動して泣いてるよ?(笑)

でも、日常生活で、泣くような事は皆無ですよ。

今、思い出せる範囲で、

涙の理由を考えてみると、

原因の根底が、

セックスレスしか考えられないのよね。

セックスレス

=女と認識されてない

=人間と認識されてない

=大好きな男にないがしろにされている

=ないがしろにされている自分を救えない自分が腹立たしい

=状況を変える勇気がない

=どうしたら良いのか解らず、ただ泣く

こんな負のスパイラルよ。

そして、誰にも相談出来なかった。

話はいろんな人に聞いて貰ってたけど、

相談にはならなかった。

適切なアドバイスをくれる人もいなかった。

今みたいにSNSが発達してなかったんだもん。

今から13年前は!

スマホもなかったしさ。

スマホがあれば検索できたよね。

多分、変な占いとかにハマってたかもしれないけど(笑)

でもね、今、セックスレスで検索してみてよ。

・レスで悩む女達

・セックスハラスメントで悩む妻達

・レスな旦那といる意味が解らない

などなど、出てくる出てくる(笑)

そして改めて「セックスレス」について調べてみたら、

病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉がないカップル

って定義されてるますよ、奥さん!!

しかも、そんな夫婦は6割くらいもあるらしいぞ!

なんだよ!

元旦那に悪い事しちゃったな(嘘)

男のクズみたいな目で見て悪かったよお(嘘)

しかし、どどさんは、涙に明け暮れて、

先が見えない無限地獄の中にいたのだ。

人生の目標は、

妊娠と出産と育児

なのではないだろうか?

悲しみのどん底で見つけた、

「希望」という名の、

砂のお城みたいな、

夢が完成した。

蜃気楼の向こうに薄っすら見える、

そんな幻影だ。

夢を見せてくれたのは、

不倫してた彼氏なのだけど。

まあ、不倫とかしてると、

ダメな人って感じだし、

別にぶっちゃけなくても良いんだろうけど、

あえて、ぶっちゃけておくわ。

以前の職場で知り合った、

年下の彼氏。(不倫)

相手は独身だったよ(笑)

なんせセックスレス歴も4年とか5年になってくると、

そもそも、自分は男とできるのだろうか?

という疑問も浮かんでくるのだ。

久しぶりすぎて、

やり方忘れてないだろうか?

自分もその気になるのだろうか?

なんせ蜃気楼の向こう側の幻影なのだ。

あっちの世界へ行けば幸せになれる。

その為には、ちょっと練習もして良いはず。

割とマジでそんな軽い気持ちで、

不倫した(笑)

いや、もちろん彼氏は、好きだった。

でも、年下だったから、

結婚とかお願いするのも悪い気がしてて。

まあ、今思うと、

別に結婚しなくて良かったんだけど。

そのまま付き合ってても良かったんだけど。

なんせ久しぶりにやってみたら、

楽しかったのよ。

ホッとしたよねえ。(笑)

長続きはしなかったけど、

彼氏との付き合いは楽しかった。

そして、彼氏ができた事で、

気がついてしまったのだ。

セックスレスな男と一緒にいても、

何も良いことがないばかりか、

夢の世界へ行けなくなる事が。

そう、女には時間がないのだ。

妊娠できる期間は決まっている。

ならば、どうするか?

男を変えれば良い。

打てなくなった4番バッターは、

別の選手と交代すれば、

試合に勝てるのだ。

「意識」はすごい。

毎日、夢物語をハードリピートし続けたおかげて、

今、そんな現実を生きている。

人生は何度でもやり直せる。

毎日泣いていた私は、

毎日笑っている。

どどさんの夢は、

妊娠でも出産でも育児でもなく、

毎日泣かずに笑う事だったんだな。

と、思った。

どん底の時には何も見えなかった。

今、見通しの良い世界に来てみると

そんな普通の当たり前な事が、

とても幸せだ。

セックスレスで悩んでる人は、

悩みを分解してみてほしい。

ないがしろにされている自分は、

本当はどうされたいのか?

そして、自分はどうしたいのか?

行き着く先は、

別にセックスではないような気がするから。

愛は無限なのだ、

セックスだけが愛ではないのだ。

でも、大好きな人とはヤりたい。

それがどどさんだ(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする