どど日記

どどさんには、6歳下の妹が居る。

子供の頃は、会話が噛み合わなかった。

 

そりゃそーだろ?

なんせ、こちらが10歳の頃、妹は4歳だ。

ライフスタイルが違いすぎる。

 

小学校を卒業し、中学に通い始めたのと同時に、

あちらはランドセルを背負い出したのだ。

 

中学高校とクラブ活動に明け暮れている頃、

あちらは、ランドセル生活。

 

そして、高校を卒業し、専門学校へ通い始め、

バイトやら飲み会やらで忙しい頃、

あちらは、高校受験の話し。

 

就職して、毎晩飲み歩いていた頃は、

妹は大学に通っていた。

 

そんな理由で、ようやく話が合ってきたのは、

つい最近の事のような気がする。

 

とはいえ、住んでいる場所も違うので、

世の中の仲良し姉妹みたいな接点は皆無である。

 

去年の夏に、そんな接点の無い妹に対して、

「ああ!この人、他人だな」

と、思った話を暴露しておきます。

 

クソババアとの生活に疲れている我が娘は、

毎年、長い休みに1人で東京の実家へ行き、

ばあば(私の母)の家で過ごすことを、

この世の喜びだと思ってる。

 

クソババアの勢力が増していた、

今から約5年程前には、こんな事があった。

 

夏休みにたっぷりと3週間も東京で生活をして来た娘が、

夏休み明けに、スッカリ気が滅入ってしまったらしいのだ。

それには、苦手な運動会への疲れもあったと思う。

 

突然、押入れからスーツケースを出して着て、

旅支度を始めたのだ。

 

「え?どこ行くの?」

 

「冬休みになったら、ばあばの家にいけるよね?」

 

「え??冬休みは短いから、いつも行かないよね?

それに、今、10月だよ?」

 

「なんで?なんで、ばあばの家に行けないの?」

 

突然、大粒の涙をこぼしながら泣き始めた娘に、

ビックリしたどどさん。

 

どうしてそんなにばあばの家に行きたいのか?

ゆっくり聞いてみたところ、

どうやら、娘なりにとても我慢していたようで。

 

クソババアが、学校から帰ってきた娘に、

あれやこれや文句を言ったり、

行動を制限したり、

娘にとってはストレスでしかなかったようだった。

 

それを機に、娘は習い事を始めた。

自分でやりたいことがあったら、

どこでやってるか探してきたら、

ママはお金を払うから、

習い事に行っていいよ。

 

そんな風に言ったと記憶している。

 

程なくして、家の近くの習字教室や、

ピアノ教室を選んできた。

 

なぜ習い事か?

 

それは、クソババアとの時間を減らすために、

他ならない。

 

アットホームな雰囲気の習字教室と、

非日常感のあるラグジュアリーなピアノ教室。

 

どちらもどどさん的にも気に入った。

 

自分で用事を作り、なるべく家に居ないようにする為に、

娘が考えたことは、

図書館通いだ。

 

図書館で、本を借りるのはもちろんの事、

学校の宿題を持って図書館へ行くのだ。

 

そうこうしているウチに、

どどさんが家に帰る時間になる。

 

クソババアから、身を守る術は、

そうやって自然と日常化して行ったのだ。

 

しかし、長い休みになると、難しくなる。

 

そこで、娘は、1日でも長くどどさんの実家に行く事にしたのだ。

 

しかも、どどさんも朝夏様遠征でもないのに、

東京大阪間を行き来するのに疲れてしまうので、

一人で行ってもらう事にしたのだ。

 

飛行機に乗せると、CAさんが面倒見てくれるシステムがあるのだ。

 

そんな訳で、娘の中では、春休みと夏休みは東京で過ごすことが、

当たり前になったのだ。

 

どどさんの実家には、母しか居ない。

今は郊外のマンションに移り住んでいる。

 

高齢化で、一軒家での暮らしが大変になった事と、

妹の家族がマンションを購入するというので、

母も一緒に見に行ったら気に入ったのだ。

 

正直、どどさんとしても、妹が近くに住んでくれていると、

何かと助かる。

 

いとこである、妹の娘たちとも仲良しなので、

娘はますます東京に行きたいのだ。

 

しかし、去年の夏は違った。

 

妹の娘が受験することになり、

どどさんの娘が遊びに行くと迷惑だと言われたのだ。

 

ばあばの家に行くことが、

夏休みの過ごし方として、

どれだけ重要なことか、妹にはわかるまい。

なんせ、妹の家にはクソババアは居ないのだから。

 

しかも、娘が行きたいのはばあばの家で、

いとこと遊びたいわけでは無い。

 

夏期講座が休みの数日間だけ、

来ても良いよと言われた娘は、

ひどく落胆していたけれど、

それなら、地元の友達とたくさん遊ぶから!

と、気丈に振る舞っていた。

 

私はと言えば、ダーリンに腹の中を撒き散らしていた。

 

「だいたい、ろくに勉強もせずに、いまだかつて正社員で就職したことも無い妹の分際で、よくもうちの娘にしわ寄せしてきやがったな!!」

 

勝手な言い分なのは充分承知だ。

でも、私は、娘の心の平和を守ってあげたかったし、

ばあばだって、うちの娘に会いたいはずだと思っていた。

 

そのばあばも妹の手前、大手を振って「おいで」とは言えない状況なのだ。

 

妹の娘が受験するのは勝手だけど、

大切な夏休みを奪わないで欲しかった。

 

まあ、そんな私の気持ちなど、

知るよしもないことだろうけど。

所詮、姉妹など他人の始まりなのです。

 

そして、ライフスタイルも違うし、

今後は今まで以上に、合わなくなるなと思いました。

 

散々ぶっちゃけてなんだけど、

今日は、そんな妹の誕生日でした。

「誕生日おめでとう」

 

後で、LINEにスタンプでも送っておくか・・・・・

 

 

 

コメント