雑談力は未来を作る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、フェイスブックでシェアしていた、

これをやってみました。

この中で、どどさんが気に入ったのは、

「雑談力」

だってね、どどさんの雑談力って凄いと思うのよ?

というのも、こうやって副業を始めているどどさんですが、

始めは、何から手を付けて良いのか、

さっぱり解らなかったのよ?

自信満々に、これやってみよう!

とか、自分で考えてやっているように、

思われがちだけれど、

そんな事は無いんです。

その癖、どういう訳だか、

直感力はあるのよ。

(気のせい?)

この方はきっと自分に良い影響を与えてくれそう。

って言うのが、

解っちゃうのよね。

そんな訳で、橋本絢子さんの、

「月収100万円を目指す方のためのコピーライティング集中塾」

に行ったのは、自分でも褒めてあげたい。

しかし、この時に自分が何をしたいのか、

サッパリ解らなかったどどさん。

絢子さんに、

「どどさんは、これからどうしたいですか?」

って聞かれても、

「うーーーん・・・」

って感じで。

今思うと本当にアホか?

って感じですけれど、

とにかく、そんなふんわりした感じで、

受講したんですよね。

その時に、「ぶっちゃけブログ」をやって行けば良いのでは?

って言って貰えたので、

とりあえず、ブログを始めてみたんです。

ハテナブログでした。

その後、やっぱりアフェリエイトをしてみたくなり、

絢子さんのWordPress&アフェリエイト講座に参加してみました。

参加してもサッパリ解らず、

2か月位試行錯誤していて、

ようやく出来たのが、このサイト。

始めは、何からやり始めたら良いのか、

サッパリ解らなかったどどさんでしたが、

何となく、方向性が掴めて来たんですよね。

とりとめも無い会話から、

拾い集めてアドバイスをくれた絢子さんには、

感謝しかないわ。

そして、その時に、

「ライターはどうですか?」

って言って貰えたのに、

どうも、ライターは向いて無い気がして、

気がのらず・・・・

しかし、今はライターをしているという・・・

遠回りだったかも知れないけれど、

これで良かったんだなと、

今は納得しています。

そして、絢子さんからのご縁で、

今は資産運用に目覚めて居ます。

昨日も、絢子さん繋がりの太田さんが開催している、

「知らないと損をするお金のセミナー」に行ってきました。

以前も聞いた内容ですが、色々忘れていた部分もあり、

やはり、なんど聞いても為になるなという印象。

そんな中、出席者の中に、

老人ホームの職員の方が居たんですよね。

実は初めの自己紹介の時に、

家族構成などを話すのですが、

以前は、旦那と子供が一人って言ってたところを、

昨日は、

「旦那の母親、通称クソババアと一緒に住んでます」

って言ったのよね。

そしたら、その方が、なんかあったら是非うちへ!

って言ってくれたので、

名刺を頂いて来たんです。

何ていうか、物凄く気持ちが晴れやかになったんですよね。

いや、だからって、すぐにでもそこへという話では無いです。

「知った」というだけで、なんだかとても気持ちが軽くなったんですよね。

家に帰って、娘にも話しました。

今日は凄く良い事があったの、

クソババアを預かってくれる所の候補が見つかったのよ。

ママは、いつも夜はフラフラ出かけているけれど、

決して無駄な事ばかりじゃないのよ。

こうやって、物凄く有益な事もあるの。

娘「すげえ、やったね。

夜ママが居ないのは凄く楽だしね!」

私「???ん????」

以下宣伝です。

**********************

1ヶ月たった15分で資産を構築しませんか?

「絶対に失敗をしない」と分かっていたら、あなたは何を始めますか?

決して損をしないこと。それが、バリュー投資の鉄則です。

お金のために働くのではなく、お金に働いてもらう生活は、正しい知識さえ学べば、誰にでも実現できることです。

始めるなら、なるべく早い方がいい。

現在20代の方は、コツコツと投資をしておけば、50代になる頃には億単位の資産を築くことも不可能ではありません。

40代〜50代の方もまだ間に合います。

老後に備えて正しい知識を身につければ、将来は安心してゆとりのある生活を送ることができます。

知識さえ身につければ、投資は怖くないどころか、あなたの安心な人生の心強いサポーターとなってくれるでしょう。

あなたも子育てや家事の合間に空いた時間で、資産を構築しませんか?

「決して損をしない投資」をゼロから学んでみたい方は、ぜひこちらのセミナーへご参加ください。

申込みはコチラから

スポンサーリンク

シェアする

フォローする