スポンサーリンク

中崎町 中野さんとこ

昨日、中野さんとこに行ってきた。

「中野さんとこ」とは、私が通う美容室の屋号です。

 

「どーもーー」

そんな、毎度感満載の挨拶で、引き戸をガラガラと引いて入って行くと、

奥の小上がりに座った中野ちゃんが、

スマホを眺めながら、

「いらっしゃい」

と、言う。

 

椅子に座ると、

「今日はどうする?」

と、聞かれるけれど、

「えーー任せる」

としか言わない私。

 

所詮、素人が考えた髪型など、

なんの意味もないと思う。

プロの美容師が考えた、

もっとも良い髪型をしてくれたら、

それで良いのだ。

 

「はーい」

中野ちゃんも慣れたもので、

勝手に進めてくれる。

 

とはいえ、こんな関係ができるまでには、

まあ半年くらいはかかるものです。

 

とにかく、美髪はアンチエイジングと考えるので、

美髪に拘る私。

最新のテクノロジーを、暇さえあれば勉強している中野ちゃん。

まさに需要と供給の一致。

 

「ねえ、マツコの番組でやってた銀座の美髪サロン知ってる?」

こんな無茶ぶりも応えてくれる。

 

一緒にサロンの情報を見て、

ああ、これは、数年前に受講した時に、

こんな感じのケア商品が出来ると聞いたことがあるんだよね。

その後、商品化されたかどうかはわからないけど。

などと、解説してくれた。

 

髪の毛は、爪と一緒で死んだ細胞だから、

そこから美髪に変化させるのは難しいらしいが、

補修はできるそうで、

そこのサロンは、定期的に通うことで、

補修した状態をキープするそうだ。

 

そのため、半永久的に通わなくてはならないそう。

 

まあ、そんなことはホームページには勿論書いてないわけで、

プロが解説してくれると、

色々と納得する。

 

「はい、今日はこんな感じになりました」

「おお。いいね」

 

痛んだ毛先を丁寧にカットして

ツヤツヤの仕上がりになりました。

 

白髪が出てきているから、

次回はカラーね。

 

白髪を全く気にしない私は、

3ヶ月に一度しかカラーしてないけれど、

全然、目立たないのは、

カラーの技術があるからなんだと思う。

 

よく褒められるのも、カラーだし。

多分、中野ちゃんが一番得意なのは、

カラーなのかな?と思う。

 

カラーをすると髪の毛が痛む。

と言う人もいるけれど、

中野ちゃんところのカラーは全く痛まない。

むしろ、前よりも綺麗になっている気がする。

その辺りも詳しく説明してもらった気がするが、

忘れてしまった。

 

「では、次回ね。」

 

と、いつものように次回の予約をとって帰る。

あ、次回はシャンプー買わなくちゃ。

 

そんな「中野さんとこ」の詳しい情報は、

こちらの記事に書いてあるよん。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする