やっぱり私は雪組が好き

先日開催されて居た、望海さんのコンサートに行けなかったのが、

かなり堪えて居た様です。

 

なんせ大劇場公演は、

「ゴールドスパーク」からずーっと観てきたし、

別箱公演も、

あの伝説の「キャプテンネモ」以外全て観てきました。(多分)

なのに、見れなかったのよ!!

 

コロナがなければ、チケット当たって居たんですけれどね。

残念としか言いようが無いです。

 

しかし、配信が進化して、家で見れるのはとても嬉しかったですねえ。

 

久しぶりに雪組公演を観たら、

思いの外楽しくて、

めちゃくちゃ感動してしまいました。

 

「パッションダムール」

専科の凪七瑠海さんが主演で、雪組メンバーでの公演です。

正直、凪七さんはなんとも思って居ませんでしたが、

公演を観て、

やはり上級生男役ってすごいなあと思いましたね。

 

今回は、凪七さんが大好きな岡田先生のロマンティックレビューという事で、

ああ、ジェンヌってロマンティックレビュー好きだよねえ!と思いました。

昔からタカラヅカが大好きだった凪七さんは、

幼稚園の頃にベルバラごっこして居たそうなのですよ。

なので、往年のレビューといえば、

ロマンティックレビューなんですね。

 

今回、ロマンティックレビューに対する、

私の気持ちも随分変わりました。

 

どうも、退屈なイメージだったんですよね。

ところが、パッションダムール、

めちゃくちゃ良かった。

 

ロマンティックレビューに必要なのは、

顔面偏差値の高い娘役さんと、

とにかく「王子」な男役なんだと思いました。

 

どうも、パステルカラーの衣装で、

ゆらゆら揺れてる様なダンスのイメージしか無かったのですが、

そうでは無かった。

 

極限まで夢夢しい舞台を演出するために、

娘役はとことん可愛いを体現し、

スカートをひらひらと大きく揺らし、

優雅にふんわり行き交って居て、

それをサポートするのが、

「王子」な男役さん達。

めちゃくちゃハイスペックな技術が必要だったのですね。

 

大劇場では箱が大きくて、

どうも遠目にしか観て無かったせいか、

細やかなところまで気が付きませんでした。

 

そして今回の雪組の厳選メンバーが凄かった。

皆、歌が上手い。

だってロマンティックレビューですから、

ゆったりと歌い上げるナンバーが多いのですよ。

それを難なく歌い上げる歌の上手い組子達。

 

そして、その美しい旋律で踊る、

美女達。

 

そう!

歌とビジュアルを分けたのが良かった!!

勝因はそこだと思う。

 

しかし、

可愛い

セクシー

かっこいい

なんでも出来る雪娘がすごい。

 

なんせ、砂糖菓子の様なフワフワチュールのドレスでニッコリ微笑んで居たと思ったら、

横スリット全開のセクシードレスで、

凪七さんを誘惑していくのですよ。

 

男役も凄い。

その昔、「なんで雪組って皆ダンスに気合が入って居ないのだろうか?」

と、頭を抱えて居たのが懐かしい。

ナンジャコリャーーー

位のキレキレダンスで、パッション溢れかえって居たのだった。

 

そんな気合十分な男役さん達の真ん中で、

なんとも言えない抜け感を漂わせる、

カチャさんが凄い。とにかく凄いと思った。

 

そして、私は、はいちゃんに恋をした。

はいちゃんのダンス、とっても素敵だった。

これからは雪組公演ははいちゃんのダンスを拝むことにします。

 

余りに感動し、勢いでマチソワしてきました。

来週のチケットもゲット出来たら観たいですが、

どうなることやら。

 

そろそろ月組にも行かなければ・・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です